光熱費の支払い

毎度!

平日の朝9時から夕方4時までしか
光熱費の支払いができないこの仕組みに
いつも悩まされているNOVEです。

平日の朝9時から夕方の4時の時間帯はお仕事真っ只中というのは
全世界共通だと考えているのはNOVEだけでしょうか。

お支払い窓口が会社の近くにあるなら
お昼休みはウキウキウォッチングの時に
支払いに行けるかもしれませんが
そんな都合良くオフィスの近くに窓口があるわけでもなく・・・
d97f2c9f5e139b365f158018f4182bf6_s
皆様どうやって支払いに行かれているのでしょうか?

■会社に事情を説明し休憩時間を多く頂戴し
お昼休みはウキウキウォッチングの時に支払う。

■ミャンマー人スタッフに依頼する。

■家主様に支払い代行をお願いする。

■セキュリティの方に代行依頼する。

などなど、

月に一度の支払いだけなのだからそんなに気にすることではないと思いますが、
毎月毎月貴重な業務時間をカットされるのはどうもムカムカしてなりません。

今までご対応させていただいたお客様で
上記問題をスムーズに行うためには

1,一度お支払い窓口へ行き半年分なり1年分を前払いし
足を運ばなくても自動でお支払いできる手続きを行う。

2,光熱費込みのお部屋に入居する。

上記2手法が非常に便利な方法かと思われます。

1の方法だと役所の方々とのやりとりが面倒というのと、
しっかりと正規料金で引き落としされているかも疑問に残る声もございます。

2の手法だと光熱費込のお部屋なので
支払う手間と金額を気にせず利用できるのが最大のメリットだと思います。

これは運ですが、
1年以上光熱費の支払い請求がこない物件もあります。笑
↑これは極稀に存在する物件なので期待はできないですが・・・

家主様と入居者様が直接賃貸ご契約を
結ばれるパターンが多いですが、
光熱費、入居後のトラブルなど考えると日系企業が間に入り、
管理業務など行った方が当国では理にかなっているかもしれませんね。

img_2902例1
img_2905例2
img_2897例3

お好みのお部屋でお望みのお部屋で暮らせるならNOVEもそうしたい。

もっともっとお客様のためにできることを模索、実践していきます!!

換気!喚起!歓喜!
ベストシーズンミャンマーはお引っ越しシーズン!?

I.G.C.はより良くより丁寧にお部屋を提供します!
お部屋探しはNOVEにお任せ下さい!!

ひとつひとつ丁寧な仲介を心掛けています。
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村
読み終わったらお約束の地雷スイッチ Push or Push